染匠とは
美しさを追求し
 こだわり続ける...

染匠の仕事

着物が   できるまで
職人紹介


染匠とは

 京手描き友禅は、白生地から出来上がりまで約15〜20の工程を踏みます。
その工程一つ一つに高度な技術が必要とされる為、それぞれ専門のプロの職人が担当し、分担して製作されるのです。
 その
全工程を取り仕切り、統括していくプロデューサーの役割を担うのが私たち『染匠』と呼ばれる仕事です。
受賞作品
市川のこだわり
染匠とは
 まずは、発注先の意向、または染匠自らの立案で、きものや帯の構図・図案を決めていきます。事です。
 次にその商談を完成させるまでのおおまかな工程を決定し、内容に合った加工法と職人を選択します。
 職人にも、得手不得手、個性があるので、それを全て把握し生かせるように、一工程進むごとに細かく指示をしていきます。
 一つの工程を終えるたびに、加工状態に問題がないか反物を全て細かくチェックし、次の工程へと受け渡していきます。
 完成品の出来ばえを最も大きく左右するのが配色です。

 まずは全体の地色を決定します。ボカシがある場合は、バランスよく上品な仕上がりになるよう慎重に色を選びます。


 次に模様の柄の中に挿す友禅の配色を決めます。
既に発注先から地色の指定や指示がある場合は、それに合うような配色を友禅職人に指示します。
 『染匠』に求められるものは、やはり「良いセンス、感覚」です。
そのため、日頃から美術、芸術品を見たり、良いものに触れることで、それをもの作りに生かせるよう、感性を磨くことも大切な仕事なのです。

(古典やモダンを問わず、たくさんの参考書物が社内にあります。)
企画・立案
配色

染匠に求められるもの

工房見学
企画・立案
会社概要
配色

「染匠」の最も重要な仕事です。
作る商品のイメージを的確に表現できるよう、「配色決め」と同様金加工、刺繍、仕上げの職人さんに指示を出します。

職人さんの個性が生かされるように、しっかりとコミュニケーションをとることが重要です。